「傘のむこう」イイダ傘店コラボレーションアイテム blouse 「ナイスなおでん」

¥ 23,100(tax in)
001_001_012

「傘のむこう」イイダ傘店コラボレーションアイテム blouse 「ナイスなおでん」  (001_001_012)

販売価格(税込)
¥23,100
在庫状態 : 受注生産 (受注期間 9月3日〜 ※決済完了後、受注受付完了とします。2022年3月頃お届け予定。)
  • カラー : 「ナイスなおでん」
  • サイズ : 肩幅78cm、着丈55cm、脇口25cm
  • 素材 : cotton 85% linen 15%

「傘のむこう」
イイダ傘店コラボレーションアイテム

スッポリとかぶってご着用いただくシンプルなブラウス。

テキスタイルになるべくハサミを入れないデザインをしました。
風をはらんで服がたなびくようにとサイズはたっぷりと大きめ。
着用時のアクセントとしてフロントのウエスト部分に別布を配しております。
デザインの要としたのが別布と同じ素材で作ったリボンストリングス。
ウエストでの縛り方でブラウス自体の形が変わります。

キチッと縛るもよし、
たっぷりとブラウジングさせてリラックスな着用もまたよしです。
素材を含めて風通しの良い涼しいブラウスができました。

【ナイスなおでん】

吉祥寺から武蔵境へ引っ越したイイダ傘店。
リノベーションした今では想像もし難いのですが、
元々は「おでん」工場だったとか。
「おでん」の具であるところの練り物の工場です。
そんな話を聞きつつ開いた傘、
その名前が「おでん」。
お客様からもかなり人気とのこと。
これコラボしない手はないでしょうと。

そこで僕はこの「おでん」をspoken words projectらしく表現する技法として「蝋結染(ロウケツゾメ)」を選びました。
ロウソクなどで使われる蝋を熱で溶かし液体にし、
それを布に塗布します。
冷めて乾いた蝋は水を弾き確かな防染力が生まれます。
その防染力を生かして染料を操る染色技法です。

今回はその溶かした蝋で具のアウトラインを囲ってそこに染料を入れていきました。
ロウに囲われた染料はその行き場がなく囲われた中で色々な滲み方や混ざり方をするのです。
どんな染まり方をするかは50パーセントは予想不可能。
その偶然性を制御しつつ「おでん」の出汁の染み込みや具のグラデーションを作ってゆきました。

気をつけたのは、
「おでん」過ぎないこと。
でも美味しそうであること。
少し矛盾をも感じるこの2つ。
「おでん」を説明しようとすると「蝋結染(ロウケツゾメ)」の自由さが発揮できなくなります。
よく探せばおでんの具にも見えるモチーフがある、
程度を心がけました。
とはいえ「へー、おでんなんだ!」と合点したときにおいしそうであることは必須です。
食品は寒色系(青や緑などの冷たい色)で表すとそのおいしさを損なうと言います。
暖色系(赤や黄色などの暖かい色)で具たちを表現することを心がけました。
少し笑えるナイスな「おでん」です。

発想のスタートは「おでん」ですが、
「おでん」に見えなくても全く気にしません。
それもコラボレーションの醍醐味ですから。

※こちらの商品は1点物です、同じ物が2つとない商品となります。あなただけの一着をお楽しみください。

※ご覧いただく環境により、実物の色は画像と微妙に異なる場合がございます。
※手作業によるプリントの染みや色ムラ、インクの滲みや擦れなどがある場合がございます。予めご了承ください。

数量